東日本大震災の日から、今日で4年。
改めて犠牲になられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

忘れないという事が、私にできる数少ない支援の一つと思ってこのブログを書こうと思います。




2011年3月11日

その日、私はまだ以前の会社に勤めていました。
仕事をしながら、その時を迎えました。

東京で震度5強。

今までに感じた事のない大きな揺れをビルの中で感じました。

「あぁ、ここで床が抜けて、ビルが倒壊して私は死ぬんだな」と思うほどに。

ビルはグルングルン気持ち悪いほど回りました。

揺れがおさまり、避難を考えだしたとき
エレベーターの2つあるうちの1つは、動かなくなっていました。

あの時、家族に電話をしても全く繋がりませんでした。
日本中がパニック。
災害伝言ダイヤルの存在を知り、とりあえず自分は無事だという伝言は残しましたが、
災害伝言ダイヤルを知っているはずのない両親に、その存在を伝える手段が無いもどかしさ。

そんな時に意外にも助けられたのがTwitterをはじめとするSNSや、Webサービスの存在でした。
普段からweb上で繋がっている友人達とは、すぐに連絡をとることができました。

またUstreamでNHKのニュースをずっと映してくれていた男の子の存在もTwitterで知りました。
iPhoneにはワンセグもないし、会社にテレビもない。
ラジオももちろん無いので、そういった情報が得られるところがあるのは助かりました。

ただ、そこで見た映像はこの世の物とは思えませんでした。

日本で実際に起こっている事なのだろうか、これから日本はどうなってしまうんだろう

と、ただただ見続ける事しかできませんでした。


しばらくして、全員で会社内に戻りました。
情報収集をしながら、帰宅経路を考えていました。
タクシーを考える人もいましたが、すでに道路は大渋滞。

歩いて帰ろうと当初は話していましたが、日も暮れてしまったので危険と判断。

Twitterで情報を調べていると、
地下鉄のホームにいる人
地下鉄の公式アカウントで、運行予定時刻が呟かれていました。
またしてもTwitterが活躍。

乗れた地下鉄は、今までに見た事無いほどの超満員で押しつぶされそうでした。
しかし互いに倒れそうな人を助けたり、少しでも間を詰めたり
いつもの通勤電車ならお互いに舌打ちしあったり、小突き合ったりしているのに
助け合いの精神がそこにはありました。


クタクタになりながらも無事帰宅したのです。




私の経験はちっとも大変なものでも、感動的なものでも
為になるものでもありません。
被災地にいたわけでも、直接的な知りあいがいたわけでもありません。

それでも私はとても不安を感じました。
僅かながらでも、自らの死を感じ、無力さを感じ、ただただ呆然としました。


あれから4年、身の回りの環境もがらり変わり、家族もできました。
もし、あのときのような事がまた起きたら、今度私に一体なにができるだろうか。
今何をしなければいけないんだろうか。

あのときとは少し違った角度で、震災というものを見つめ直した4年目でした。










 


こんにちは!kiwakoです。


最近ありがたい事に、イラストの講師をカフェでする機会が度々あるんです。


久しく萌えイラストを自身で描かなかったので、久々にやるとすごく楽しくて、ワクワクしながらやっています。


pixivとかでも、お絵描き講座をたくさんの人があげていますが、

書籍買うくらいの情報量があって、
こんなの見せてもらっていいの…?!って驚くことがあります…

便利すぎる…インターネット。






そして、今日は仕事の息抜きに
八朔のマーマレードを作ってます。




ジャム作るの初めてでしたが、これもクックパッドがあって困らずにスイスイできました…



恐るべし…インターネット…




逆にこうなってくると、検索しても分からないものはなんなの…?ってなります。


怖い、怖すぎる…!



しかしながら
ちょくちょくニュースなどで、

LINEとか、SNSは危険…!

みたいに書かれることありますけど、


これから先、インターネットに変わるものが出てくるのはまだまだ先な気がするので、

ハサミやカッターに慣れるように、小さい頃から小さく失敗して学んでいけば、そんなに怖くないんじゃないかなって思います。

幼稚園児くらいからスマホとかは、さすがになあとは思いますが。笑





なんだかまとまってないですが、

日々の生活のことも、たまに書いていけたらいいなーと思っている kiwako でした!


短いですが今日はこの辺で。


ではでは!






==================================================

☞わわわ堂のWEBはこちら

わわわ堂は、音×デザインをコンセプトにしたデザイン会社です。

==================================================











こんにちは。kiwakoです。


今日はタイトルの通り、ものづくりって途中見るのが楽しい。というお話です。


ちょうど、昨日九州の方から東京にやってきてくれたお知り合いの方がいまして出かけていたんですが
秋葉原散策のお話は多分モコさんが、近々ブログに書いてくれると思うので割愛します。)


待ち合わせしてる時にふらっと入ったビルで、パン屋さんを見つけたんです。

クロワッサンだったかな…たまにあるじゃないですか、パンを作っている様子をガラス越しに見れるところ。

ああいうのって、すごくワクワクしますよね。

ああ、人の手で作られてるんだなあ…
こういう風に作るんだなあ…
このあと何するんだろうなあ…みたいな。

あと、安心感みたいのもありますよね。


そういうケース、色んなところで見る気がするんです。

例えば、

映画DVDの特典映像 の NG集とか 
パンフレットのキャラ設定のボツ案とか
お絵描き講座の動画とか、
資料館に飾られている文豪の たくさん手直ししてある原稿とか
目の前で作ってくれるガラス工芸とか



そういうのを見おわった後に、完成されたものを改めて見たりすると
こんなにたくさんの手間ひまと、愛情をかけられたから
こんな風に仕上がったんだな と、また感じ方も変わったりしますよね。

本当は完成したものを見たときにそれが伝わるのがベスト(?)なのかもしれませんが。



そこでふと、思った事がありました。

今までのロゴとか、デザインってあまりにも過程が分からないなあ…って
もちろん大手の広告代理店さんとか、デザイン会社さんが作ったりしてたら社外秘っていうのもあると思うんですが。

大きくなくても、例えばクラウドソーシング(ランサーズとか)でも
完成品をパラっと並べて、それで終わっちゃうものが多い気がするんです。

それって結局、あんまりお互いにとって良くない気がして。

クライアントとしても、どういう考え方のもとそれが作られたか分かっていた方がいい事もあると思うし
クリエイター側としても、すごく簡単にできるんでしょう?って思われる事もあるだろうし


最初の例でいうとあれですが、
手作りパンを実演(?)販売しているお店の商品を、最初は少し割高に感じても、欲しくなるお客さんっていると思います。
それはそこに過程が見えているっていうこともあるし、過程が見えることでより美味しそうだなあと感じる。


デザインやイラストもあまり過程を見せないから、料金設定でもめたりする事があるんだと思うんですよね…



せっかくお互いわくわくして、納得できるものだったら
見せないのって勿体ないんじゃない…??ってすごく思ったので、

わわわ堂では希望される方に、イラストやデザインの悩んだ過程をお見せしていこうと考えています。

近日中に試行錯誤のメモを送るサービスはじめよう! という思いつきのブログでした。



それでは今日はこの辺で。

また次回お会いしましょうー





==================================================
☞わわわ堂のWEBはこちら
わわわ堂は、音×デザインをコンセプトにしたデザイン会社です。
==================================================