おはようございます。(?) kiwakoです。

ちょこちょこ読んだ本の感想をメモ的にあげていこうと思ってます。

今回読んだ本はこちら。

 

「小さな会社こそ、高く売りなさい」内 謙礼   (著)






そもそも会社の事を書くブログでこんなタイトルの本を紹介するのはいかがかと思ったのですが…

そんな事を上回るくらい、とっても良い本でした。



<感想。>


「読みたかったのは、こういう本。」

今まで、いろんなドラッカーとかポーターとか経営戦略 みたいな本を読んでみた事はあったんですけど

すべて大きな組織にむけて書かれているんです。 

それから逆に個人にむけての ブランディング みたいな本は、実際の例が弱いものが多かった。

もちろん知識としては、蓄えられるんだけど


「じゃあ自分は、明日からこの中の何を活かしたらいいの?」

「結局、自分には何が足りてないってことなの?」



みたいな読み終わりの気持ちになってしまうことが多々ありました。

個人事業主や、小さい企業に向けた 超実践型ドリル だと思います。

終止なるほどなあ…しか出ません。笑


最後の方に著者が書かれていた、


実際に事例に学んで似たような事をやったところで、成功したケースは多くない。

それは、人も環境も仕事も全て違うからである。

事例の9割くらいを自分流にカスタマイズして、やっと使える物になる。



というような内容も印象深かったです。

そうだよなあ・・どんなに綺麗な人と同じメイクしたって、

結果、同じ顔にならないもんなあ…って。笑


この先どうやって売っていけばいいんだろう?
売れないのは、何がいけないんだろう?と迷っている方には 超オススメの1冊でした。




<余談 ~普段とちょっと違う本の選び方~>


私自身、本を買うときは書店にいって、気に入った装丁を選んで、中を読むことが多かったんです。

だから、表紙が好きじゃなかったり、挿絵が無かったり、文字が明朝体だったり

それだけで結構敬遠してしまってました。もったいないですが、肌に合わないと吸収できないので…

以前は週1程度で、書店にいってカフェスペースや椅子で何十冊も読んでいました。
(※もちろん気に入った本はちゃんと買います。笑)


ただ最近は、引きこもってばかりの日々なのと、

あまり近くに本屋さんが無いこともあって、たくさんの本を読む機会が減ってたんです。


で、脳みそが本が足りない…という状態に陥ってしまったので、今回あまりしない方法で本を買ってみました。

Amazon の ベストセラー (書籍やカテゴリは指定)の、上位から気になった本を次々とネットで購入。

そこで、この本とも出会いました。

世の中の人が良い、というものは本当にいいんだなあ…口コミってすごい。


ちなみに、自分が良いなあと思う本の共通点は、ベストセラーやランキングの中でも

発行されたのが、ここ1年以内のものであること が多かったです。
(この本は、2014年11月初版です。)

時代がコロコロと変わっていく中、必要とされてる内容もまた変わってくるってことなんでしょうかね…



いつもと違う本の買い方をしてみて、

アナログ(店舗にいって実際に手に取ったり)にはアナログの良さがあるように

デジタル(Amazonからサクッと買ったり)にもデジタルの便利さがあるなあと感じました。

デジタルとはいえ、まだまだ電子書籍にはなじめないですが… 


最近の調査では、紙媒体のデジタル化が進む一方で

消費者は、必ずしも全てデジタルが良いというわけではなく、

紙は紙で良いところがあるとしっかり認識されているようです。


新しいものが出てくるからこそ、改めて良さが分かる古いものも

これからたくさん出てくるんでしょうね。




明日から、やるべき事がたくさん見えてきて嬉しいkiwakoでした。

ではまた!


==================================================
☞わわわ堂のWEBはこちら
わわわ堂は、音×デザインをコンセプトにしたデザイン会社です。
==================================================
こんばんは。わわわ堂の管理人kiwakoです。

さてさて、ジャパンネット銀行で銀行口座を開設準備中のわわわ堂です

作ったはいいものの、個人事業主レベルの経理の知識しかない私は頭を抱えていました。
営業に関してもわりと頭を抱えていますが。

ふらふらと何かいい本はないか…と本屋さんを散策したところ
見つけました。



それがこちら…


井ノ上 陽一さんが書かれた、「ひとり社長の経理の基本」です!!

http://www.amazon.co.jp/dp/447802670X



実は会社辞めるときにも思ったことなんですが、
世の中スタートのことは書いてくれても、その後のことって誰も教えてくれないんですよ。
辞め方とか、身のこなし方とか。

法人もまだ開始間もないですが、悩んでいたのは
ずばり「決算申告」です。


確定申告系の本ってあるけど、自分で申告する本って意外に無い。特に会社系だと。

ですが、これはめちゃくちゃ分かりやすくじっくり書かれてます。
申告に何の書類がいるのかとか、こういう細かいところまで書いてくれてる本って本当すくないんです。
有り難い…


私自身フリーランス時代に Mac でも使える会計ソフト「freee」を使っていたんですが、
それを利用した簡単な法人の経理についても書かれています。

会計ソフトも色々ありますが、色々触ってみた結果
サポートも使い勝手も今のところ一番「freee」が自分には合ってます。

何せ簿記の知識が未だに怪しい私でも、使いこなせるほどです。
分からないときはサポートスタッフもいるので安心…!
使い始めた頃より、どんどん進化してどんどん使いやすくなってます。
オススメですよー



本があって本当に良かった!!
と思うkiwakoでした。



=================================================================
こんな本もオススメだよ!!というお声も随時受け付けております。
コメント欄、webからのメールでもお気軽にどうぞ!

☞わわわ堂のWEBはこちら
わわわ堂は、音×デザインをコンセプトにしたデザイン会社です。
=================================================================



 
1