こんにちは!

だいぶご無沙汰してしまいました。
わわわ堂管理人、きわこです。

毎日コツコツなんでもいいから書くのが大事… と思いながら、
好奇心旺盛で次々に気が移っていってしまうのです。(飽き性)



さてさて、久しぶりのブログですがお仕事の紹介です。



今回ご依頼いただいたのは、
ビジネスインスピレーター(中小企業診断士) として 独立された
佐藤一樹さま の ロゴ と名刺 を担当させて頂きました!!

どちらも、オレンジと黒の力強い色使いで、
エネルギッシュさ、明るさをテーマにデザインさせて頂きました。
いつも有り難うございます^^ 



  




中小企業診断士 とは… 中小企業の経営課題の診断・助言を行う、国家資格を有する専門家の方々です。
つまり、「社長業を執行するお手伝いをする人」 です。

一口に、中小企業診断士 といっても、個々に得意分野を活かした経営支援活動をされており、
(デザイナーも同じですね)
佐藤さまは、主にマーケティングを中心とした経営サポートを行っています。




今回のコンセプトは、

悩み を ワクワク に 変える
どうしよう? を そうしよう! に変える


という、佐藤様から頂いた
"この仕事で何をしていきたいのか" というアツイ気持ちのこもった一文から着想しました。

『? を ! に変える。』 
から、発想したのが今回のロゴです。









お名刺、ロゴ、どちらも大変気に入ってくださってとても光栄です!

マーケティング、販売促進などの分野を得意とされているようですので
お困りの方は是非一度ご相談してみては、いかがでしょうか!

http://www.business-inspirator.com/




ではでは本日はこの辺で。
また近いうち、私信などのブログ更新予定です♪


==================================================

☞わわわ堂のWEBはこちら

わわわ堂は、音×デザインをコンセプトにしたデザイン会社です。

==================================================
 
こんにちは。kiwakoです。


今日はタイトルの通り、ものづくりって途中見るのが楽しい。というお話です。


ちょうど、昨日九州の方から東京にやってきてくれたお知り合いの方がいまして出かけていたんですが
秋葉原散策のお話は多分モコさんが、近々ブログに書いてくれると思うので割愛します。)


待ち合わせしてる時にふらっと入ったビルで、パン屋さんを見つけたんです。

クロワッサンだったかな…たまにあるじゃないですか、パンを作っている様子をガラス越しに見れるところ。

ああいうのって、すごくワクワクしますよね。

ああ、人の手で作られてるんだなあ…
こういう風に作るんだなあ…
このあと何するんだろうなあ…みたいな。

あと、安心感みたいのもありますよね。


そういうケース、色んなところで見る気がするんです。

例えば、

映画DVDの特典映像 の NG集とか 
パンフレットのキャラ設定のボツ案とか
お絵描き講座の動画とか、
資料館に飾られている文豪の たくさん手直ししてある原稿とか
目の前で作ってくれるガラス工芸とか



そういうのを見おわった後に、完成されたものを改めて見たりすると
こんなにたくさんの手間ひまと、愛情をかけられたから
こんな風に仕上がったんだな と、また感じ方も変わったりしますよね。

本当は完成したものを見たときにそれが伝わるのがベスト(?)なのかもしれませんが。



そこでふと、思った事がありました。

今までのロゴとか、デザインってあまりにも過程が分からないなあ…って
もちろん大手の広告代理店さんとか、デザイン会社さんが作ったりしてたら社外秘っていうのもあると思うんですが。

大きくなくても、例えばクラウドソーシング(ランサーズとか)でも
完成品をパラっと並べて、それで終わっちゃうものが多い気がするんです。

それって結局、あんまりお互いにとって良くない気がして。

クライアントとしても、どういう考え方のもとそれが作られたか分かっていた方がいい事もあると思うし
クリエイター側としても、すごく簡単にできるんでしょう?って思われる事もあるだろうし


最初の例でいうとあれですが、
手作りパンを実演(?)販売しているお店の商品を、最初は少し割高に感じても、欲しくなるお客さんっていると思います。
それはそこに過程が見えているっていうこともあるし、過程が見えることでより美味しそうだなあと感じる。


デザインやイラストもあまり過程を見せないから、料金設定でもめたりする事があるんだと思うんですよね…



せっかくお互いわくわくして、納得できるものだったら
見せないのって勿体ないんじゃない…??ってすごく思ったので、

わわわ堂では希望される方に、イラストやデザインの悩んだ過程をお見せしていこうと考えています。

近日中に試行錯誤のメモを送るサービスはじめよう! という思いつきのブログでした。



それでは今日はこの辺で。

また次回お会いしましょうー





==================================================
☞わわわ堂のWEBはこちら
わわわ堂は、音×デザインをコンセプトにしたデザイン会社です。
==================================================





 
works というカテゴリとは、少しずれちゃうかもですが。


わわわ堂の名刺が完成しました!!

ではではご覧くださいませ。
じゃじゃん!!!





モザイクかかってよくわからないよ…というお声は重々承知です…

可愛くできました。お気に入りです。
スタッフそれぞれ色が違う仕様です。

私の名刺は黄色ですよー
会ったら是非もらってあげてください。


今回は型抜き印刷.comさん(http://katanuki-insatsu.com)に
印刷と型抜きをお願いしました。
紙の種類も色々選べるので、オススメです。




<<デザインについての余談>>

私がこういった紙モノをデザインする時には、ある程度


「どんな紙に刷るか」をイメージして作っている事が多いです。


最近は入稿をネットからご自身でされる方や、クラウドソーシングなどを使って
デザインデータの納品のみをお願いする人も多いと思います。
ですが、実際には紙になる物です。

例えば、高級感のある名刺デザインをお願いしても
印刷する紙が薄かったり、質感が安っぽい紙だったら…

同じものが印刷されていてもだいぶ印象が違いますよね…?


紙製品になるものは、
最初の打ち合わせの段階で、できるだけお会いしたり
実際の紙サンプルを見て頂いて検討するお時間を頂いています。
もちろんサンプルを見て頂いた印刷会社さんにお願いしなくてもまったく問題ありません。
紙の厚み、素材感、特殊印刷の有無などのイメージがつかめると、その後の制作もはかどります。

クライアントの方がイメージを膨らませる「お手伝い」も、
とっても重要な制作の一環だからです。

家を作るのに、展示場を見に行かないで頼む…って事あんまりないですよね。
そういう感覚に近いかもしれません。


もし、クラウドソーシング等を使って紙製品などデザインを頼む方がいたら
デザイナーの方にどんな用紙がオススメなのか…なんて聞いてみるのもいいかもしれませんね! 
なんかの参考になれば幸いです。

ではまた次のブログでお会いしましょうー





===================================================================================
わわわ堂では、印刷所への入稿代行も承っております。
もちろん、紙や印刷所のご相談も随時受け付けておりますので、
いつでもお気軽にご相談ください。


☞わわわ堂のWEBはこちら

===================================================================================
 
1